インプラント治療

Implant

長野県小海町にある「羽毛田歯科医院」はインプラント治療に対応しております。インプラント治療のメリットとデメリットをご理解いただき天然歯と同じような美しさと咬み心地を体験していただければ幸いです。当院の院長は日本口腔インプラント学会認定講習会を修了しております。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 天然歯と同じように咬める
  • 健康な周囲の歯を削らない
  • 天然歯に近い審美性を得ることができる
  • 1本から複数本まで対応
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 自費診療なので治療費が高額
  • 治療期間が長期間
  • 全身の状態によっては治療ができないことがある
  • 治療後もメインテナンスが必要

他の治療法とどう違うか

ブリッジ

ブリッジは欠損した部位の両端にある歯を削り、被せ物で連結します。ブリッジと歯の間の衛生管理が難しいことや咬み心地に問題があります。

入れ歯

部分入れ歯は欠損した部位の周囲の歯に金属製のバネを引っ掛けることで固定します。咬み心地や見た目に問題が出やすいです。

インプラント

インプラントは顎の骨にチタン製のボルトを埋め込む治療です。骨としっかり結合するため、まるで自分の歯のような感覚で咬むことができます。また、被せ物はセラミックが使用できるため見た目も良いです。

インプラントをオススメできる方

インプラント治療は次の方へオススメできる治療です。

健康な歯を長持ちさせたい方

歯が欠損している部位

入れ歯が合わない方

入れ歯は使い続けているとグラつくことがあります。また、金属のバネが疲労することで違和感を覚えることもあります。このように、入れ歯が合わないと感じている方はインプラント治療にするとしっかり咬む感覚を得られるのではないでしょうか。

インプラント治療の流れ

歯科用CTを使用
STEP1

インプラント治療が適しているか歯科用CTを使用して3次元画像で判断します。

治療プランを立案
STEP2

各種検査をおこない治療プランを立案します。

人工歯根(ボルト)を埋め込み
STEP3

麻酔をしてから歯茎を切開して顎の骨に人工歯根(ボルト)を埋め込みます。

人工歯根と骨が結合するまで数ヶ月
STEP4

人工歯根と骨が結合するまで数ヶ月待ちます。

人工歯根と人工歯をつなぐ部品を連結
STEP5

人工歯根と骨が結合したら、歯茎を切開して人工歯根と人工歯をつなぐ部品を連結します。

セラミックでできた被せ物を装着
STEP6

セラミックでできた被せ物を装着してインプラント治療が終了します。

インプラントは虫歯になりませんが、歯周病にはなります
STEP7

インプラントは虫歯になりませんが、歯周病にはなります。そこでインプラントを長持ちさせるためにもメインテナンスに通っていただく必要があります。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、顎の骨が薄くなった上顎に骨を増成させる処置です。ソケットリフトをおこなうことで、顎の骨が薄く治療ができなかった症例でもインプラント治療をおこなえることがあります。